vol.3 ペスカドーラ町田 眞中佑斗選手

2021.06.25 投稿
町田に暮らす、さまざまな方の町田話を集める『まちトーク』。
第3回は、フットサルチーム『ペスカドーラ町田』背番号4番 眞中佑斗選手にお話を伺いました。

はじめまして。今日はよろしくお願いいたします。写真では拝見していましたが、噂通り本当にイケメンですね。

ありがとうございます。なんというか・・・答えようがないですが嬉しいです。


いきなりすいません。思わず心の声が漏れてしまいました。改めて今日は色々お話を伺いますので、よろしくお願いします。

よろしくお願いします。


今シーズン、ペスカドーラ町田のサテライトチームであるアスピランチから昇格されたそうですね。昇格おめでとうございます。

ありがとうございます。やっと昇格することができました!


やっとなんですか?

はい。自分的には1年で昇格しようと思っていたのですが3年かかったので、やっと、という気持ちです。


それは本当におめでとうございます。その辺りの話もゆっくりと聞かせてください。

はい、よろしくお願いいたします。


まずは眞中選手の基本情報をお伺いしたいと思います。年齢はおいくつですか?

1997年7月15日生まれの蟹座、今年で24になります。神奈川県出身です。


フットサルはいつ頃から始められたんですか?

フットサルの前に、サッカーをしていました。サッカーは父の影響もあり幼稚園のスクールからはじめて、ずっとサッカー中心の生活を送っていました。


20年近いサッカー歴でいらっしゃるんですね。お父様は元Jリーガーの眞中幹夫氏とのことですが、やはり影響は強く受けられていますか?

はい。小さい時から憧れの父でしたので、影響を受けていると思います。ただ、サッカーをやるように無理強いされたことはなかったんです。


ご自分でサッカーを選ばれたんですね。今回のペスカドーラ町田でのトップ昇格についてお父様からのコメントはありましたか?

父親が契約の世界で生きて来て、母もそれを支えてきたこともあり、両親は金銭的なところでは恵まれた生活ができる方を望んでいたようです。大学を出て企業に就職して・・・というような。でも、理解はしてくれています。「自分の人生なので納得できるまでがんばりなさい」と応援してもらっています。


応援してくださっているのは心強いですね。ご兄妹はいらっしゃるんですか?

妹が二人います。


お二人ともスポーツをされていらっしゃるんですか?

プロではありませんが、学生時代などにはそれぞれスポーツを頑張っていました。


なるほど。ではスポーツ家族でいらっしゃるんですか?

そういう訳でもありません。サッカーと同じで強制はされませんでした。自分たちの好きなことを好きなようにやらせてくれました。それには感謝しています。


素晴らしいご両親ですね。フットサルとの出会いはいつ頃だったんですか?

フットサルは高校2年の終わり頃、1月に始めました。それまでは体育の授業でやったくらいでほぼ未経験でした。すぐにあった大会に出たのですが中国大会で負けてしまって・・・


中国地方の大会に出れたのがすごいですね。高校は中国地方だったんでしょうか?

はい。出身は神奈川ですが、父の在籍チームが変わった関係もあり中学から岡山県に住んでいました。高校は作陽高校でサッカー部に入り寮生活を送っていました。


作陽高校のサッカー部というと高校サッカー(注:全国高等学校サッカー選手権大会が正式名称)などで名前をよく拝見するサッカーの強豪校ですね。

そうなんです。部員もたくさんいて、なかなかトップチームで出られていなかったこともあり、フットサルで大会に出てみようとはじめました。


最初の大会では敗退という結果でしたが、その後もフットサルを続けられたのはどうしてですか?

そのままでは終わりたくないという思いから続けました。1年間頑張り、翌年の大会では全国制覇することができました。


すごいですね!はじめて2年、いや丸1年ちょっとで全国制覇・・・

はい。いいメンバーと頑張った甲斐があり本当に嬉しかったです。


最高の結果ですね。高校を出た後はどのような道に進まれたんですか?

慶應大学に入学しソッカー部に入部しました。(注:慶應大学はソッカー部が正式名称)入部時の監督が須田監督というフットサルの協会の理事などもされていた方だったのでフットサルも継続することができました。朝はサッカー部の練習、夜にフットサルというような生活をしていました。関東大学フットサルリーグのプレリーグにも参加していました。


サッカーもフットサルも続けていたのですね。ペスカドーラのサテライトチームにはいつから入られたんですか?

高校の同級生だった菅谷選手(元ペスカドーラ町田、現しながわシティ所属)の縁で大学2年の終わり1月くらいから練習参加をさせてもらうことになりました。そのまま大学3年からアスピランチに正式加入させてもらいました。


ここで最初に伺った「やっと昇格」という話が伺えそうですね。

はい(笑)アスピランチに入った時は1年で昇格する!と思っていたのですが、いろんな誤算がありました・・・
1年目は何もできず試合にもほとんど出れないままにシーズンが終わりました。2年目は試合に絡めるようになりシーズン終わりには3人の候補中2人が昇格と言われましたが、昇格できなかった1人になり・・・そして3年目にリーダーとしても個人としても結果を出すことができて昇格できた、というわけなんです。


2年目はあと少しのところで昇格を逃されていたんですね・・・何が昇格の決め手になったとお考えですか?

自分のできないところを一つずつクリアにしていったところが、ステップアップに繋がったと思います。


具体的にはどのようなことでしょうか?

高校、大学の頃は、今思うと本当に未熟でした。フットサルの戦術理解も浅かったですし、足の裏を使ってのドリブルや、交わしてすぐにシュートというようなフットサル独特のテクニック、ここぞというところで力をだせるようなメンタルなど、本当に一つ一つできないことを認識してできるように克服してきました。


ご自身でそのギャップに気づいて克服されてきたのですね。町田というチームの印象はどうでしたか?

僕が入った時のペスカドーラ町田には、当時代表クラスの選手も多く、ベテラン勢が長いこと在籍しているクラブだなという印象を持ちました。戦術も洗練されている感じがあり、みなさん上手くて勉強になりました。


その環境もフットサルの実力をつけるのに役立ったのでしょうか。

はい。それはあると思います。


町田の街の印象はどうですか?

練習が多摩センターでホームの体育館は成瀬なので、町田の中心部分はあまり詳しくないんです。スポンサーさんのカフェなどにたまに行かせてもらいます。先日車の免許を取ったので、色々知らない町田にも行ってみたいと思っています。いい場所があったら教えていただきたいです。


免許取得おめでとうございます。車があると自由度上がりますね。『まちだけ。』のサイトでも色々な場所を紹介しているのでぜひご覧になってください。

ありがとうございます!見てみます!


SNSのフォロワー数、なかでもTikTokのフォロワー数がすごいと伺いました。

はい。ありがたいことに2万人くらいのフォロワーがいます。


ツイッターやインスタを加えると2万7000人くらいのフォロワーさんになるんですよね。投稿する時に意識されていることはありますか?

トレンドや旬、視聴回数が上がっているものを研究して、見てもらいやすいものを投稿します。


最初から研究されていたのでしょうか?

最初は自分ができること・・・と思いフットサルの動画を撮影していたのですが、画角も引きになり誰がやっているかもわかりづらくなります。僕よりももっと上手い選手がいたりもしますし、自分でなくてもいいかなと思いました。フットサルの魅力だけではなかなか発信しきれないなと思ったので、個人を前に出していくようにしたんです。


なるほど。個人を立たせて行こうと思われたんですね。

はい。例えば、森岡選手は金髪で体も大きくて、インパクトがあるので知っている人も多いと思います。まず人を知ってもらうというやり方もありかなと思うようになりました。


テレビにも出られたとか?

はい。白濱亜嵐さんに似ているということで、そっくりさんの番組に出演させていただきました。満場一致でそっくりさんに認定していただきました。


反響がすごかったのではないですか?

友達から連絡がきたり、SNSのフォロワー数が増えるという影響がありました。


眞中選手自身の知名度は上がってきたと思いますが、プレーヤーとしての目標などはありますか?

まずは、このクラブで試合に出て優勝するということが目標です。僕は現実主義なので、僕が代表に選ばれることは可能性はゼロではないですが、なかなか難しいと思っています。なので年間通して戦い続けることや、試合に出てしっかり守りチームの勝利に貢献していく。どこかしらで得点を取ったりして勝ち点に貢献し、一試合ごとにチームの勝利の鍵になるということを目指していきたいです。目標は、代表や得点王です!と言えればいいと思うんですけどね(笑)


ご自身を分析されて目標に向かって進まれるのは、サテライトからTOPチームに昇格された時に自分に足りないところを一つ一つ分析して、克服されたという話も同じだと思いました。冷静にご自身のことを分析できるのはすごいことだと思います。

ありがとうございます。


今日はいろいろとお話を伺ってきましたが、眞中選手が町田の人に伝えたいことを聞かせてください。

町田市にFリーグで闘うクラブがあることを知ってもらいたいです。まだまだ知られていないと思うので。Fリーグとはなにか、フットサルとはなにかということから知ってもらいたいです。


ペスカドーラ町田やフットサルの魅力はなんでしょうか?

トップチームで、スクール、ユース、アスピランチという下部組織から町田で育った選手が活躍しているところが一番だと思います。


トップチームに身近な選手がいるということですね。今年の見所、これをご覧になっている方へのメッセージをお願いいたします。

僕の目標でもあるのですが、今年は若手主体になったペスカドーラ町田が、王者の名古屋オーシャンズを倒すというシーズンにしたいと思っているのでそこに注目して欲しいです。昨年は一度も勝てなかった王者のチームに、監督をはじめチーム全体で勝っていくことができたらいいと思っています。ぜひフットサルの楽しさを見にきてください。


いいシーズンになるように応援しています。今シーズンもがんばってください。今日はありがとうございました。

ありがとうございました。




好きな食べ物はシメサバという眞中選手。SNSへの投稿などもかなり考えて戦略的に発信されている、リアリストなところを感じました。背番号4番はアスピランチで偶然もらった番号だそうですが、お父様の現役時代につけていた番号でもあり親孝行になるかなとおっしゃっていたのが印象的でした。

Fリーグは2021シーズンが開幕したばかりです。眞中選手の出場はまだありませんが、昇格までに着実に実力をつけてきたその頑張りで、きっと出場機会が来ることでしょう。デビューが楽しみです!

最近のお知らせ

2020.09.03 投稿

vol.2 津軽三味線奏者 TATSUYAさん

町田に暮らす、さまざまな方の町田話を集める『まちトーク』。 第2回は、町田で活動中の津軽三味線奏者の TATSUYA さんにお話を伺いました。 TATSUYAさん、こんにちは。今日はいろいろお話を聞かせてください。 よろしくお願いします。 さっそくですが、ご出身は町田なんですか? …続きを読む
2019.09.12 投稿

vol.1 K1ファイター 佐々木大蔵さん

町田に暮らす、さまざまな方の町田話を集める「まちトーク」。 記念すべき1回目は、町田出身のK1ファイター『佐々木大蔵』さんに、旭町のイタリアンバル「Take Root」でお話を伺いました。 大蔵さんの地元はどちらですか? 忠生です。今は家族といる時間が多いので、歩いて来られる距離にこういう …続きを読む
暮

町田を愛する個性豊かな人々のお話を聞いてみた!

はるかアイコン 町田で暮らす人のリアルな声をお届けする「まちトーク」。行きつけの場所、地元へのこだわり、休みの日の楽しみ方などなど、気になった事をどんどん聞いていきます。もしかしたら皆さんの知っている人や、近所の人も掲載されるかもしれません。いつも逃さずチェックしてください。

まちトーク ~町田の“人”に聞いてみた~

業種 まちトーク配信室
電話 042-785-4081
住所 〒194-0021 東京都町田市中町1-4-2 301 まちだけ。運営事務局
営業時間 10:00~18:00
定休日 土日祝日
アクセス 小田急線町田駅北口から5分
駐車場 -
カード -
席数 -
URL
c0003_s1
c0003_s2-2